プロミスカードのログイン方法と取引明細の確認、返済が遅れたときの対処法まとめ

プロミスを利用中の方でカードを持っている方は、プロミストップページログインより、自分専用の会員ページを見ることができます。

主に下記の内容が確認できます。

・借入残高
・利用可能額
・次回の返済日

借入残高は現在の借金総額のことです。利用可能額が50万円で借入残高が30万円の場合は、あと20万円まで借入をすることが可能になります。

返済日が近づいてきてどうしても手元にお金がない場合は、利用可能額の範囲内で一旦借入をして、そこから返済をして下さい。
[y]

たとえ利用可能額に余裕があったとしても、一旦返済期日を過ぎて返済が出来ていない場合は、カードの利用が一時的にストップしますので、返済分は必ず先に準備しておきましょう。

同じカードで出したり入れたり・・・とややこしいですが、借金とはそういうもので返済とは必ず決まった日に返済をしなくてはいけません。

またログイン内の画面に表示される返済額に足りない場合は、利息分だけでも入金すれば、その月の返済は完了とみなされます(但し、元金は減りません)

例えば、返済額が8,000円でこのうち利息が3,000円、元金が5,000円だった場合、とりあえず3,000円だけ入金しておけば、それでOKです。

もちろん利息分のみの返済となるため、元金はそのままですがどうしても返済が厳しい月はそういう返済の仕方も可能と言うことです。返済が利息分のみでも信用情報に傷がつくことはありませんので、その点は安心できます。

それよりも返済が遅れるほうが印象が良くありませんので、返済日が近づいている場合は特に注意をしておきましょう。

プロミスを利用している人は現状をチェック!

現在クレジットカードをはじめ、消費者金融を利用している人は一刻も早く完済を目指しましょう。

消費者金融の場合、利息さえ入れておけば遅延にはならないので、慣れてくるとついつい元金の返済が後回しになりがちですが、これは大変な時間的損失です。

借金が増えたまま、どんどん年をとってしまうとずるずると返済が遅れてしまい、最終的に消費者金融に支払った金額は元金の何倍もの金額になることも珍しくない話です。

利息だけ入れて完済を先延ばしにしている人はそうなってしまうのも無理はありませんが、後で後悔しないためにも毎月少しでも多くのお金を返済しておくようにして下さい。

他社借入件数が2件以内であればギリギリセーフ

初めて消費者金融から借りたばかりの人なら、簡単に借金生活から抜けさせるかもしれませんが、長い年月どっぷりと借金生活につかっている人は中々脱出できません。

時間が経てば経つほど借金が当たり前のようになってきて、生活も荒れてきます。他社での借入件数が2件程度であれば、まだまだ取り返しはつきますので先延ばしをせず毎月少しずつでもいいので返済をするようにしてください。

他社借入件数が4件以上の人は要注意!今なんとかしないと危ないです!

だいたい大手で借りれるのはどんなに属性がよくてもせいぜい5件程度です。すでに他社で4件以上借金がある人はかなりやばい状態です。

今なんとか生活が出来ているとしても、もし急に何かで出費が必要になったらどうしますか?もしかしたらあと少しくらいは借りれるかもしれませんが、すでにどこも貸してくれないかもしれません。そうなると完全に詰んでしまいます。

まずは件数を減らすことから始めてください。

これ以上借入を増やさないための毎月の節約方法やお金のレシピ

借金が全然減らずに少しずつ増え続けている人は要注意です!

このまま何の対策も打たずにいけば、確実に多重債務に陥ってしまい、弁護士に相談せざるを得ない状況になってしまいます。

もちろん現時点で「もう無理だから弁護士に相談して債務整理をしよう」というのはひとつの選択肢でもあるので、それはそれで良いことだと思います。

また、返済の可能性が残されていて何とかやれそうであれば、毎月がんばって返済をするのもひとつの方法です。

当サイトでは毎月の節約方法などを不定期のメールマガジンにまとめてお送りしています!

今までと同じように生活するだけでも、ちょっと頭を使えば数千円~数万円の節約になる人もいます。

借金癖のある人は、ほとんど自覚のないままかなり無駄なお金を毎月使っているので、特に効果が顕著に表れます!

これ以上借金を増やさないためのお金のレシピのメルマガの登録は以下よりお願いいたします!

節約して借金完済!お金のレシピのメルマガ登録

*ご登録いただいたメールアドレスは「借入大全」が発行する「お金のレシピメールマガジン」に登録されます。
なお、メールマガジンの登録削除はいつでも自由に行なえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする