おすすめおまとめローンを比較

複数のカードローン等をまとめるおまとめローンと保証人の必要性

借り入れ件数が増えてしまったカードローンやキャッシングは、おまとめローンを使って一つにまとめることが可能です。つまり、おまとめローンはカードローンやキャッシングの利用の延長線上にあると捉えることが出来るのです。

カードローンやキャッシング商品の利用において、保証人が必要になるケースは少ないです。というのも、これらの商品を利用する際は保証会社が間に入ってくれるからです。保証会社は連帯保証人と同様の役割を担っており、保証料を支払うことで保証人不要の借り入れが利用できる仕組みになっています。

さて、ではカードローン等の延長線上にあるおまとめローンではどうでしょうか。

おまとめローンと保証人の関係は、必ずしも断定できるものではありません。

おまとめローンの場合、利用する金融機関や借りる金額次第では、保証人が必要になるケースがあります。銀行や一般的な消費者金融で扱われているおまとめローンならば、保証人が必要になる可能性は低いと言って良いでしょう。しかし中には保証人を立てないとおまとめローンが利用できない金融機関や、おまとめローンを利用してまとめる借金の金額が大きい場合に保証人が求められる場合もあるのです。

おまとめローンを利用する目的は、他社からの借り入れを全てひとまとめにすることです。総量規制の対象になっているカードローン等を利用している方なら、すべての借り入れをまとめてもそれほど高額にはならないかもしれません。しかし、年収が高額な方や総量規制導入以前からの借り入れの場合は、すべての借り入れをまとめると思いのほか高額になってしまう可能性は否定できません。

基本的には滅多に保証人が求められることのないおまとめローンですが、500万円以上のおまとめローンの利用となると、保証人が必要となるケースがあります。まずは事前に各金融機関のおまとめローンと保証人の有無を確認し、利用したいおまとめローンの金額と照らし合わせて保証人の必要性をチェックしておくようにしましょう。