おすすめおまとめローンを比較

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンが総量規制の対象外の理由は

総量規制は多重債務者問題が社会問題化したのちに、2010年の貸金業法の改正の時に導入されました。具体的には総量規制は貸金業者が融資をする場合にその人の年収の三分の一以上の借り入れができないという制度となります。貸金業法で規制される、消費者金融に代表される貸金業者にのみ適用され、銀行法によって規制させる銀行は総量規制の対象外となります。

ただし、おまとめローンについては、もともと総量規制の対象外である銀行をはじめとして、貸金業者であっても総量規制の対象外となっています。

おまとめローンが総量規制の対象外となっているのは理由は二つあります。

一つ目はおまとめローンは基本的には現状で存在している借り入れをまとめるなどするので、新規の借り入れではないということが理由です。

もう一つはおまとめローンは融資を受けている人の利益になるので総量規制の対象外になっているのです。

ただし、気を付けなくてはいけないのは、おまとめローンが必ずしも借金をしている人に有利ではないので、しっかりとシュミレーションをする必要があります。

より快適なキャッシングを検討するなら総量規制外である低金利の銀行カードローンに纏めるのも1つの方法です

消費者金融でキャッシングする際に少し留意しておきたい事項が総量規制で、通常設定できる融資額は債務者の年収3分の1までと制限されており、このボーダーラインを越えての新規借入は原則として出来ない事になっています。

ただ止む得ない事情で、どうしても年収1/3以上の融資が必要な時は消費者金融などの貸金業者以外の銀行なら総量規制から外れる為、申込条件に該当した年収と収入能力があると判断されれば、問題なく年収3分の1以上の借入が可能です。

また総量規制外になるローンの1種として、おまとめローンも該当し、債務者にとって返済条件が有利になる借換えは規制から外れるよう配慮されています。

ですので、一般的におまとめローンは、総量規制に該当する消費者金融や信販会社などで抱えている債務を、より低金利の銀行ローンに1本に纏めて借り換える事で、返済日を1日に綺麗に統一し、総返済額も軽減される最大のメリットがあるのです。

最近は総量規制が発布されている消費者金融や信販会社などでも、1本化するおまとめローンをサービス提供している所もあり、特別に年収3分の1以上の借入が可能な事もあるので、利用希望の場合は直接問い合わせる事をお勧めします。