おすすめおまとめローンを比較

おまとめローンの審査に通らない

おまとめローンの審査に通らない原因とは

おまとめローンをするために必要な条件は総量規制対象外であるために信用情報を重視して決める方法が主流であるために、キャッシングをして滞納をすると条件が厳しくなる傾向があります。信用情報は信用情報機関に記録され他社からの借入の状況や過去に滞納などの情報が記録されているために、今後の生活を考えてから滞納をしないように正しい金銭計画を立てる必要があります。

おまとめローンは複数の会社のキャッシングの残高をまとめる方法としても効果的で、返済金額の総額を減らして期間を短くできることがメリットです。審査に通らない原因は信用情報機関に照会をした時に滞納を行ったことなどが該当するために、過去に滞納などをした場合には注意が必要です。

審査に通るためには今後の収入の状況を考えてから正しい返済計画を立てる必要があり、今後の収入の見込みを考えながら正しい返済方法を決める方法が望ましいです。おまとめローンをする方法は安心してお金を貸せるようにする必要があり、複数の会社のキャッシングをする時には返済金額を正しく計算して正しく使う必要があります。

おまとめローンの審査に通らない原因は過去に滞納をしていることが多く、自分自身の状況を確認して今後の対策を考えることが重要です。

数年内に延滞経験のある場合通りません

おまとめローンの場合、金利が安く数%と一桁の金利のものを一般的には言います。通常はキャッシング、ローンの場合15%など二桁の金利なのですが、これは相当に高い金利です。5万円程度の金額であれば、利息の金額も低くあまりその差を感じないかもしれませんが、それが50万円、100万円となるとかなりの差になります。

例えば、2社から50万円づつ借りているとすると、1社15%の金利。1年の利息は単純計算で75千円、2社で15万円になります。また、返済額も2社からの請求となるため、2万円、3万円の支払いになります。つまり、借り入れている会社が多ければ多いほど返済が厳しくなります。

そこで、その負担を減らすために1社に借り入れ金額をまとめるという、おまとめローンというのがあります。これは金利が一桁の金利で、借りることができれば利息も減額され、非常に負担が軽くなります。

ただし、審査も厳しくなります。一般的に延滞のある人は当然、審査は通りません。最近言われているのが携帯料金の遅延などでしょうか。クレジット料金の遅延も同様です。ただし、その月内での遅延はまだ軽いかもしれません。

しかし月を跨いでしまうと延滞となるので、アウトです。延滞が重なり、カード会社から解約を通知されたなんていうのは完全にブラックリストに名前が載っていますので、アウトです。

基準として、5年か7年以内に延滞がある、思い当たる人は審査が通らないと思います。当然、債務整理、自己破産、過払い請求などの方も通りませんので。